<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「化粧系」といってもなんのことかピンとこない人もいるかもしれませんが、
「ビジュアル系」のことです。

ぼくんとこのスタジオでビジュアル系のバンドが2つほど練習しに来てるのだけれど、
つい先日その片方が、2階のダンススタジオを使って、PV作りと写真撮影をしていったのです。
衣装に着替えたり髪型をセットしたり化粧したり2時間くらいかけて準備をしていて、長身のヤマンバみたいなのがとかにも見えた。おっかけ?かお手伝いのオンナノコまでメイド服に着替えてしまい、すごい雰囲気になっていましたが、率直にすごいなーいいなーと思ってしまい。


というのは先月カバーナイトに出演したんだけど、その時「THE DAMNED(ダムド)」のカバーをしているバンドが顔の白塗り用の絵の具を持って来ていたので、ボクもマイケルジャクソンのカバーをすることになっていたから、ちょっと絵の具を借りて白塗りで出たのだけど、その時、鏡見ながら化粧、というか変装、していく時間ってのがすごく楽しくてハッスルする時間で、何とも言えない感じなのです。今からジブンがとんでもないとこに放り込まれるような予感というか、儀式の生け贄になる気持ちというか。ライブ前に珍しく緊張しないし、とにかくスゴく良かった。


また、化粧系のバンドの特徴として、たまたまなのかもしれないが、サーカス的な集団を感じる。
普通のバンドはよくも悪くも民主的というか平等というか、誰がリーダーだとはっきりしていないことが多いが、化粧系のバンドは誰がリーダーか一目瞭然だ。何故かと言えばリーダーがサーカス団の座長のように、メンバーのことを「こいつが童貞で」とか「なんでそんなことも分かんねえんだこのやろう」みたいなことを言うからだ。で、コワい口聞いてるからコワい人なのかと思うと、そのリーダーはこっちにはスゴい丁寧なのです。

化粧したり父権的だったりと、化粧系の生態も面白いな、と思うのだった。

[PR]

by unkeeen | 2009-09-25 22:53

11月に芸術館関連の企画で公然と水戸市内を楽器をならして歩いていいチャンスが訪れました。
もともとドドイッツでパレードというハナシだったけど、なかなか難しそうなので、少女達が学校帰りに笛を吹いているのを以前からいいなと思っていたのと、アコースティックドドイッツの練習をしている時、笛を吹いたら気持ち良くて、単音しか出ない笛が妙に可愛くなったのとで、笛を吹いてパレードしようと思い立ちました。参加者募集中です。
簡単な曲を週一で3回くらい練習して本番に臨みたいと思います。
何を吹こうかな!?サルゴリラチンパンジーなどが候補曲です。

名前は「ハーメルンの笛吹き」からとって「ハーメルンズ」
ハーメルンの笛吹きの詳細はウィキペディアから抜粋。
結構コワい話です。

1284年、ハーメルンに「鼠捕り」を名乗る色とりどりの衣装をまとった男がやって来て、報酬と引き換えに街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けた。ハーメルンの人々は男にネズミ退治の報酬を約束した。すると男は笛を取り、笛の音でネズミの群れを惹き付けると、ヴェーザー川におびき寄せ、ネズミを残さず溺れ死にさせた。ネズミ退治が成功したにも関わらず、ハーメルンの人々は約束を破り、笛吹き男への報酬を出し渋った。
怒った笛吹き男はハーメルンの街を後にしたが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び戻って来た。住民が教会にいる間に、笛吹き男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子供達を街から連れ去った。130人の少年少女が笛吹き男の後に続き、洞窟の中に誘い入れられた。そして、洞窟は内側から封印され、笛吹き男も洞窟に入った子供達も二度と戻って来なかった。物語のバージョンによっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、あるいは盲目とろう者の2人の子供だけが残されたと伝えられている。



色とりどりとここではあるけれど、別なとこでは極彩色と書いてあって、七色らしいんだけど、それでパレードしたらゲイパレードみたいだしな。誤解の無いようにはしないとな。いや、わざとYMCAあたりをやって誤解させようかな?

とりあえず大の大人が公然と笛吹いて街歩けるのは楽しいかもな。変身も楽しそうだ。

[PR]

by unkeeen | 2009-09-20 21:44

バングラデシュの話はしばらくおやすみ。あの後は、三蔵法師も訪れて般若経を会得したというナーランダ?寺院だか大学だか(遺跡です。今となっては)に行って感慨もひとしお。孫悟空の気持ちで車を走らせていたら、たまたま野外でライブをやっていたので見に行くと、王様のような歓待をウケ、踊り、ライブをやる羽目になり、レイクショウか?と思わせるほどの盛り上がりをみせて「人生で一番楽しかった」とまで言われてニコニコ、楽しいバングラデシュ巡りでしたという締めくくりになる予定でした。


ただいま、レイクショウに出演したお色気ダンスグループ『踊り子軍団-山猫』の謎を解き明かす展示『山猫レクション』を水戸二高ウラ「キワマリ荘」内『SPAM』でやっています。土日のみ。13:00〜18:00。山猫はいい。良いバンドを結成した時のような盛り上がりを感じる。
妻たむえも参加しているのだが、仕事から帰ると、山猫のたくらみで目がらんらんしている。猫目。いや、嘘か、いつも眠そうだな。

今日は短編映画祭の一環で芸術館に遊びに行った。けっこうウダウダだった。
やっぱりストーリーは大切だな。

[PR]

by unkeeen | 2009-09-20 20:42