<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インドに似てるバングラディシュだが、スゴく変だなーと思ったのは、町のあちこちにカースト的なものをバングラディシュにも感じるからであった。

ヒンズーであるインドにカーストがあるのはかまわないよ、でもバングラディシュはイスラムの国なんだから、アッラーの前に完全な平等があるんじゃなかったっけ?なんで差別があるんだろう?


今回案内してくれたナヒードさんは、ダッカ大学の美術の教授で(女性)、博識だし、しっかりとした考えを持っていて尊敬できる人だった。


だが、旅行中こんなことがあった。
マンゴーが穫れる町ラジシャヒに向かおうと(ダッカから車で5時間くらい)車を借りて運転手を雇った。
ダッカ市内で少し用事があって車を停めていた時、運転手が勝手に車を違う場所に移動していた。
用事が終わり電話をするとその運転手がすぐに電話に出ない。
あれ、どこ行っちゃたのかな?荷物も全部車の中じゃん。てな空気が流れる。
でも、しばらく(2、3分)すると戻ってきた。
駐車違反になると思い、車を別な所に移動していた、と言い訳した。
ナヒード教授はその運転手に「運転手がいれば駐車違反にはならないハズだ!(確かに)」と強い口調で怒鳴り始めた。
「携帯にすぐ出なかったのは、マナーモードにしていたからです」
とか一生懸命言い訳していたようだが、あまりにもナヒード教授が疑って怒っているので、次第に返事しなくなった。(そういう風に僕には見えた)

実際には何も盗まれていなかったし、電話して2、3分で戻ってきたわけだし、いいじゃないか。と僕は思うんだけど。

そしたら、ナヒード教授は、返事をしなくなったのが気に喰わなかったらしい、
「この人は、ジー(ハイという意味の良い返事)と言わない。態度が悪い」
と言って、散々けなし始めた。日本語で。

確かにその運転手はホテルに付いた時など、全然荷物を運んでくれないし、サービスが悪い気もした。でもそれはあまりにも旅の始めに、疑われて怒鳴られて(しかも女に)
、そりゃあ気分良くサービスするはず無いよな、と僕は思うんだな。

でもことあるごとに、「この運転手は成っていない、ダッカに帰ったらこの運転手はクビにしてもらう」って言ってるわけ。悲しくなるよな。一緒に旅した人がさ、クビに成る運命なんて。



こんなこともあった。
高速道路にある、ちょっと高めなレストランに入った時のハナシ。
僕たちだけで入ろうとしたもんだから、
「あれ、運転手さんは?」
と言うと、
「いいんです、いいんです」
とナヒード教授。
「いや、でもー」と
こちらが折れないでいると
「いいですか、こういうコトにはディスタンス(距離)大切です。以前お父さんを案内した時は一緒に食べましたが、ロクな事になりませんでした。ディスタンスは大切です。」
と押し切った。

僕は「インドっぽいな」と思っただけでそれ以上突っ込まなかったが、あの感じはまさにカーストだ。差別だ。この国はイスラムじゃないのか。

自分達の仲間や子どもがずっと金持ちもしくは上にいるために、下には下でいてもらう。そのためのディスタンス。きっかけすら与えない。
それは自分の地位を守るための知恵なのかもしれない。
でも、日本で育ってきた僕にとっては、かなり違和感がある。
インテリで、ウーマンリブにも熱心な教授が考える事ではないと思った。


で、日本に再び思いを馳せてみた。
日本だって格差社会ってのが広がってる。新たな階級の出現、もしくは階級の復活だ。
下のヤツにはチャンスを与えない。そうするとずっと上は上でいられる。何世代も何世代も。ずるいね。
下にいる人は教育もままならない。それでますます上の人は、「こいつらヒューマンじゃないよね」と差別する。最初小さな差だった両者の溝は決定的に離れていく。

「金持ちはどんどん金持ちになっていく」これは間違いの無い真実だと思われる。
つまりほっておくと、格差ってのはどんどん広がってしまうもんだから、国が税金穫ったりして所得再分配をする。
また国はチャンスが少ない人にも同じように教育を受けさせなくてはいけない。
そう勉強したよ。
これらは身分が高い上の人が率先していくべき義務のような気がする。


そこで思い出したのが、武士。

武士は食わねど高楊枝。

金はないけど、しっかりした考えを持って、それに伴って行動できる権力もある。そういう人間。

身分社会が出来る事自体、反対だけれど、それが時代の流れで避けられないのなら武士のような身分を作らないと絶対にヤバい気がするのだ。

[PR]

by unkeeen | 2008-07-14 01:37

先月6月24日から4泊6日でバングラディシュに行ってきた。

カレーとかリキシャーとかインドにそっくりな国。
でもインドより少しきれいで秩序がある。町に歩いている動物が少ない。ダマそうと近づいてくるやつも少ない。
インドに行こうと思ってる人なら最初にバングラディシュに行ったりするのもオススメかもなーと思った。

世界最貧国の一つで有名なバングラディシュだがそんなに貧しいという印象は受けなかった。物価は恐ろしいほど低いけど。
どこまでも続く田園、そこでは米が二期作どころか四期作(1年に4回取れる!)だし、魚もたくさん穫れるし、果物も穫れるし、豊かじゃん!と思ったな。でもなんで最貧国なのかと言えば、きっと植民地時代が長過ぎていろいろな不利益を被ってきた結果なんじゃないかなー。


バングラディシュの歴史。
元々はイギリス植民地のインドの一部だった。
インドがイギリスから独立する時にヒンズー教徒とイスラム教徒を分けましょう、ってな話で、西パキスタン(現パキスタン)と東パキスタン(現バングラディシュ)にイスラム教徒を住まさせた。でインドにはヒンズー教徒が住む。
東パキスタンの方が貧乏だったので、政治的に西パキスタンに差別され続けて、パキスタンからも独立して今の政治体制になった。


今回バングラディシュを案内してくれたナヒードさんの話によると、インドやパキスタンが宗教をもとにバラバラにしたのは、イギリスの統治術なのだそうな。
「別な宗教が一緒に住んでるとトラブルの元ダヨ!」
とイギリス紳士に気を使っていただいたわけだが、実際は別々になったとたん、喧嘩しだしたという。これをわかってやってくるんだからイギリスは怖い。
あれでしょ、江戸幕府がエタとヒニンという身分を作って、お互いに差別させ合えば、不満の矛先が上に向かない、みたいな感じでしょ。


いろいろ感じたバングラディシュ旅行だったけど、植民地主義っていう欧米列強のビッグウェーブに飲み込まれた国は悲惨だよなーとしみじみ思った。


日本のことに思いを馳せると、江戸時代に黒船が来てさー、大砲ぶっ放して開国しろっつってさ、結局同じ流れじゃん、アフリカ植民地にして、インド植民地にして、中国アヘンで無茶苦茶にして、次は日本って感じでしょー。
明治時代の人は頑張ったよなー。鹿鳴館なんか作っちゃって、西洋の哲学とか翻訳してさ(自由とか平等とか民主主義とか)、脱亜入欧ってやつだ。
で、一生懸命頑張ったけど、結局原爆2発も落とされちゃってさあ。
けっこう手強いモンキーだ!って感じだったのかな。


アブナイアブナイ、右翼的なインスピレーションが僕を襲うのであった。

[PR]

by unkeeen | 2008-07-14 00:10

以前水戸のソウルバー、ソウル・イン・モーションに遊びに行った時、水戸のソウルマスター・タクラさんに聞いた。

ファラオサンダースの息子が那珂町(市)に住んでいるらしい、と。

すげえハナシだなーと思いながら、月日が経って今年の4月。
那珂市で中学校の教員をやっている僕の一番上の兄が聞いてきた。
「あき、ファラオサンダースって知ってる?」

なんと、たまたま僕の兄貴の所にファラオの息子が入学してきたのだ。中学一年生。
兄は吹奏楽部の先生なので、音楽に興味のある阿部君(息子の名前)は吹奏楽部に
入部した。
サックス吹いてもドラム叩いてもピアノ弾いても、なんでもうまく出来て、生徒がたくさん周りに集まってきてしまうんだとか。


それで、昨日水戸のイタリア食堂「NOVITA(ノビータ)」にてファラオの奥さん?の知人がライブをやるって言うんで、お誘いを受けて遊びに行きました。
ドラマーでパーカッショニストの仲村達也さんのライブでした。バラフォンの演奏とかもするみたい。
昨日のメンバーはピアノとベースとドラムのトリオだったんだけど、それに阿部君が参加。

リハーサルのときから楽器が好きでしょうがない阿部君は、ピアノ、ドラムでずっと遊んでいてすでにセンスが輝いていたけど、本番ではサックスも吹いて本領発揮。マジでファラオの息子の名に恥じない演奏でした。ブピーブピー!!って。
ソロを回すあたりサマになっていたなー。天才児。

性格はまだまだコドモでかわいいの。天使ちゃん。

そのうち、セッションしてライブでもできるといいね、ってハナシになりました。ミラクル。

ファラオが来たときは水戸にも来るってんで、是非お忍びでライブやって欲しいなあ。
そんなハナシもチラホラでした。

[PR]

by unkeeen | 2008-07-07 13:47

昔、高校の塾の先生に、
怖れているものを見ていると本当に出くわしてしまうから、
見ちゃいけない!と教えられた。

サイクリングロードの切れ目にある、道路から出っぱってるU字を反対にしたような鉄棒みたいな緑色した物体。わかります?あの邪魔なヤツ。

あれを通り過ぎようとする時、「ぶつかりたくない、ぶつかりたくない」と
そっちを見てるとそっちに向かっていってしまうのだそうだ。

トンネルなどでも壁にぶつかりたくないと思ってそちらを見ていると、
知らず知らずそっちに向かっていってしまう。


自分がいきたい方向をしっかりと見る。怖くても見てはいけない、
とも教えられた。

ソドムの町の話を思い出す。塩になっちゃう。


大学受験の時に言われた心のもち方のハナシなんだけど、
落ちたらどうしようかな、と僕が言ったら
「それは考えてはいけない、すぐ一切そういうことを考えるのをヤメなさい。大学受験して落ちたら専門学校行くと言っている人は大抵専門学校に行く事になる」
で、しっかりとイメージをもつことを教えられた。あとは勉強する。


この考えはずっと覚えていて、今日もなぜか思い出したので書きました。
おもしろい先生だったな。

[PR]

by unkeeen | 2008-07-05 22:58