オオゲサな心配

社会的なブログを書いたので、もひとつ、社会的な話を。


最近、韓流を放送するフジテレビの問題が騒がれているが、一体あれは何が問題なのか?
あんまりテレビを見てないからよく言えないんだけど、別に勝手じゃねえか、と思う。
というより、そんなことより、こういう話が日常化して行くことによって、隣の国と仲が悪くなって、ひいては戦争になるんじゃないか?と危惧してしまうのである。

オオゲサと思う人も多いだろうけど。

僕の大学は左翼的活動家が時代錯誤に動き回っている大学で、授業中に教室に入って来て
「休講!休講!」
と言いながら授業を中止してしまい、
「もうすぐ戦争が起きます!」
とか始まるので、僕は面白くてしょうがなくて、
「いつ始まるんですか?」
とか茶化して聞くと
「いい質問です!!!2000年です!!」
「どこではじまるんですか!?」
と聞くと
「台湾を舞台に中国・北朝鮮と日本・韓国・台湾・アメリカで戦うのです!!!」
と言っていた。


はっきりいって1996年当時は、日本が戦争するなんてのはまったく想像できない感じだったと思う。
活動家が言ってたことなんて笑いとばせる雰囲気があった。
しかし、この辺りから、小林よしのりの本がバカ売れしたり、森首相が「神の国」発言したり、憲法9条改正の論議がぶち上がったり、たしかにキナ臭くなって来た。
知らない間に防衛庁は防衛省に。
最近は、もうセンカク諸島だ、竹島だ、田母神だ。
最初の予言(!?)は見事に外れているけど、2つ目の予言は当たりそうな気がしないでもない、ってのがコワイ。
もしかしてあの時代錯誤な活動家は、時代錯誤だったかもしれないが時代遅れでは無くて、時代を先取りしていたのでは?なんて思えてしまう最近の雰囲気が不気味だ。
水木しげるの「戦争論」風に言えば「勇ましい論調」ってのが確実に増えて来た。



分割して統治せよ、という言葉がある。
これはイギリスなどが世界中を植民地にしている時の常套手段で、インドを統治したいな、と思ったら、インドをヒンズー(インド)とイスラム(パキスタン、バングラデシュ)に分ける。中東を統治したいな、と思ったらイランとイラクに分ける。すると勝手にケンカしだす。遠くの敵より目前の敵。
徳川幕府がエタとヒニンという身分を作り、互いに差別させ合って、怒りを上に、つまり体制側に向かわないようにしたと言う話を連想させる。


近くにある国同士で争わせて、戦争させて、どっちが勝っても得するように、どっちにも借金させてあげて、武器買わせて、ってのがパターンで、そうやって世界中を統治して来た。


江戸時代末期だって、徳川幕府にはフランスが、薩摩藩にはイギリスがバックについていたわけで。どっちが勝っても、アングロサクソンの勝利だというわけだ。
そこまで考えていたかどうかは知らないが、時の最後の将軍徳川慶喜は、見事にあっさり大政奉還してしまい、日本中が戦火に巻き込まれないで済んだ。慶喜は大局的に見れていたのではないかなー。
歴史の権威、司馬遼太郎にいわせると、ここで大規模な革命戦争をしていなかったから、日本にはホンモノの民主主義が育たなかったとか言うが、そんなに戦争したいのか?と言いたい。

虎視眈々と国を狙う勢力からすれば、内輪もめしているのが一番都合がいい。そう言う意味で敵が一番嫌がる事をするってのは、大当たりで、慶喜が大政奉還したのは英断じゃないかな。
腰抜け、という評がいつもつきまとっているけど。




話しはとんだな。でもとにかくこの日本の国で戦争なんておきて欲しくない。
そのためには隣国と仲良くするってのは、大事な事なんだけど。
しかし、時代の雰囲気は確実に、昔より怪しくなってきている。恐慌来そうだとかさ。
いや、おきなきゃ、それでいいのよ。

[PR]

by unkeeen | 2011-08-24 06:09