シックスティーンキャンドルズ

シックスティーンキャンドルズを水戸のみんなは知っているだろうか?
はたまたおぼえているでしょか?
上水戸の常陽銀行の通りを挟んで反対側。
国道118号から左斜めに入る小さい道の左側にある古着屋さん。
15年程前、高校の時に初めて行ったときにすでにまさに足の踏み場も無いほど服があって、
店長の『ミヤタ』は古着を透明のビニール袋に詰め込み、
そのビニール袋を大量に積み上げた上にあぐらをかいて座っていた。
『ミヤタ』本人は紺色のスラックスにくたびれ気味の白いシャツと、
ただのオヤジのようないでたちだが、
こんなのが欲しいというと、ちゃんとその大量のビニール袋をモグラのようにかき分け
お客さんのお好みの服を的確に出してくれるのだ。

その時でもかなりのインパクトがある店だったが、
3、4年経って水戸に戻ってきて、久しぶりに訪れ店に入るとショックを受けた。
そのビニール袋が積み上げられている量がハンパなくなっていて、
もう『ぬりかべ』か!?ってほどのカベになっている。
一瞬入ったとき、もう閉店したのか?って感じになっている。
なぜって入ったら古着のカベしかないんだから。
すると、そのカベの一部が「ぽこっ」とあいて『ミヤタ』さまのご来光。
ひさしぶりにあった『ミヤタ』は怪しさが増していた。


もうこりゃあ天然記念物!と、東京から友達が来た時など、よく連れて行って
インド並みのカルチャーショックをウケさせてあげたりしてるんだけど
水戸の人でも知らなかったり、「ああ、あったけどまだやってるんだ」って人は
まだ『ミヤタ』は上水戸で菩薩行を続けているので、ゼヒ拝みに行ってください。
きっとささやかな『ご利益』があなたに訪れることでしょう。

[PR]

by unkeeen | 2009-05-29 23:44