ひさびさのブログ

前回は完全敗北って書いてたな。
あれから2年。
世界は相当、きな臭くなってきているし、
川内原発は動かしそうだし、みーんな自民党に投票しちゃうし、
ガザもひどい惨状で、イラクの空爆も復活して
集団的自衛権も通しそうで、
カダフィーもチャベスもいなくなって、
これから世界中のワルモノ退治に
アメリカと一緒に正義面(づら)して成敗物語かな。

この手の話ってのは知れば知るほど、クラくなる。
悪意に固まった話みてると、ほんとーにクラくなる、真っ暗。
 
『こちらが深淵を見ている時、深淵もこちらを見ているので気をつけろ』
という格言?が有ったと思うんだけど、
悪いものを見聞きしすぎているうちに、自分の心まで悪く染まっていく、みたいな。
僕も暗くなってって。

やっぱり地球を救うのは、悪意に対する悪意ではなくって、本当の善意、ひらめき、アイディアで有ってほしいと思うな。
善意って、何も知らないこと。作為ないこと。天使のいたずら。

今の自分に必要なものは、昔みたいに、純粋に祈ったりすることなんだろうな。
祈れなくなったら、、、、滅びる。
イメージの勝利を信じて。
悪いことはたくさん見聞きしたけど、そのハシゴは捨てて、自然の分身である自分のイメージを壊さないで
育んでいくぞ。一回バラバラにされたが復活するぞ。          合掌

[PR]

# by unkeeen | 2014-08-09 18:05

原発。


残念ながら完全敗北じゃないだろうか?
大飯原発も再稼働されてしまった、あんなに簡単な手続きをしただけで。
国民も声をあげているが、冷ややかにみている人がいるのも事実だ。

いろんな人がいるけどなかでも憤慨だったのは、
反原発って流行ってるからやってるヤツいるよね、オレ、ミーハーが一番嫌い、とかかなー。
キツイなー。話したくないなー。

僕が反原発で期待できるなあ、と思う人たちは、女性、ママたち。
あと、天皇。
天皇陛下の声だけが、福島の人をいたわっていたよな。
他はもうダメだったなー。カットするしな。しょうもない。

ああ、でもこれも全部敗者の弁だ。あきらめずやっていくってのが、もちろんスジなんだろうけど
普通、常識的に考えて、福島爆発して、全然問題が解決してないのにやるはずないと思うじゃん?
、なんやかんや再稼働させてしまったなからな。
で、火力とめてるんでしょう?
はああ

夏乗り越えても動かし続けるんでしょう?
なんじゃそりゃあー。

てか、去年から一年あったじゃないですか。イロイロやれたじゃないですか。

デキレースだったんだろうなあ。
結果決まっててさ。動かすっていう。

電気足りない、電気足りない、ってそれだけはすぐテレビが言い始めたんんね。3月15日からだっけ?
対応早いねー。

内閣の議事録も、無記名なんだよね。それもすっごい早い時期から友達から聞いていて、ああ責任逃れる算段はしているなー、と思ってたけど、でもそんな簡単な手段で国民を騙せるのか?
と思ったらあっさり、騙されちゃったな。


反原発活動家の中には、官僚がバカだとかマスコミがバカとか言う人がいるけど、僕は彼らは
モラールは相当低下しているがバカではないな。むしろ狡猾だな、と。

バカはやっぱり国民かな。悲しいけど。

TPPもあっさり通っちゃうのかな。経団連、自民様が通したがってるからね。
原発とおるなら何でも通るだろう、と思っちゃう。
そしたら、国も無いに等しい。国よりグローバル企業の方が偉くなるんだから。

ああ、日本やだな。僕ほんとうに日本が好きなのに。

[PR]

# by unkeeen | 2012-07-18 21:59

扁桃腺が腫れて高熱が出やすいワタクシなのですが

高熱だけならゆっくりしてればいいのですが、僕の場合それに伴い強烈な頭痛が襲ってくるのです。
それが不定期で、神経をこねくり回されるような痛さでたまらないのである。

解熱剤を飲めればいいのだが、飲むとその後の反動でも一度熱が上がる時に、頭痛が襲ってくる頻度が大げさでなく5倍くらいになってしまうのだ。
もうずっと小人が僕の神経を引っ張りまくっている、みたいな感じになる。

なんでこんな身体になっちまったんだろうなあ。。。

[PR]

# by unkeeen | 2012-07-18 21:06

あっという間に月日はすぎて、もう5月半ば。
前回のブログから半年以上すぎてるって、、、
てことは、このあと海辺でボノボ@ナルーでささらほうさらの舞台を観るんだな。

ささらほうさらの舞台は最高だったな。大福の音楽も素晴らしかった。
海賊の船出を感じて鳥肌感じて、白塗りと金粉が僕の前を通り過ぎるたびに
感動が襲ってきて、涙がぶをーぶをーって流れて、なんだったんだろう。
あの時一緒に見られた人は運がよかったな。

今年の野毛大道芸祭でのささらほうさらの舞台も素晴らしかったのでまたできたら
やりたいと思うのであった。

花見でボノボは、残念ながら続行できなくなってしまいました。
やはり護国神社という性質上、リベラルとは言い難く、やはり不謹慎だ、と思うかたがたがいらっしゃるようで、僕としては最大限譲歩してきたつもりでしたし、護国神社の英霊たちもきっと喜んでいただけてるのではないかな、と内心思ってはいたのですが、いかんせん、やっぱりそれでもいかがわしい、と思うかたがたがいらっしゃる。
でも、5回もあんなに素晴らしい場所で特別な意味を持つ桜が満開の護国神社で出来たのは本当に運がよかったと心底思いますし、宮司には本当に感謝しています。

一年目、正虎さんの舞踏でバッキーさんの演奏もやばかったなあ。火をつけられた。あの火は今でも燃えているか?たやさぬようたやさぬよう。その後のドドイッツライブはホントすごくて、あの時はなんかいたよ、みんな感じたんじゃないかな。魑魅魍魎が大喜びって感じか。ある意味スピリチュアルな、うねりみたいな。本殿の中でみんなで声を出した時もすごかった。

二年目は信じられないほどの大雨がね、ドドイッツのライブの時だけ降ってきてね、ドリフのコントかってくらい降ってきてね、スゴかったー。

三年目は、暖かくて人もたくさん来て大成功だったな。
四年目は僕が高熱でダウンしたんだけど、謎の自称世界的オペラ歌手が彗星の如く現れて、全てのお株を奪っていった。らしい。
五年目は、そうだな。演奏とめられちゃたりして、なんか雲行き怪しかったんだった。

やりたいことをしっかりやるってのが、一番肝心だな。簡単なようで、いろんな絡みが出てくると難しくなっていく。一回目はノーマークでいけたからよかったのかもな。なんでも一回目はいいな。

[PR]

# by unkeeen | 2012-05-17 05:33

社会的なブログを書いたので、もひとつ、社会的な話を。


最近、韓流を放送するフジテレビの問題が騒がれているが、一体あれは何が問題なのか?
あんまりテレビを見てないからよく言えないんだけど、別に勝手じゃねえか、と思う。
というより、そんなことより、こういう話が日常化して行くことによって、隣の国と仲が悪くなって、ひいては戦争になるんじゃないか?と危惧してしまうのである。

オオゲサと思う人も多いだろうけど。

僕の大学は左翼的活動家が時代錯誤に動き回っている大学で、授業中に教室に入って来て
「休講!休講!」
と言いながら授業を中止してしまい、
「もうすぐ戦争が起きます!」
とか始まるので、僕は面白くてしょうがなくて、
「いつ始まるんですか?」
とか茶化して聞くと
「いい質問です!!!2000年です!!」
「どこではじまるんですか!?」
と聞くと
「台湾を舞台に中国・北朝鮮と日本・韓国・台湾・アメリカで戦うのです!!!」
と言っていた。


はっきりいって1996年当時は、日本が戦争するなんてのはまったく想像できない感じだったと思う。
活動家が言ってたことなんて笑いとばせる雰囲気があった。
しかし、この辺りから、小林よしのりの本がバカ売れしたり、森首相が「神の国」発言したり、憲法9条改正の論議がぶち上がったり、たしかにキナ臭くなって来た。
知らない間に防衛庁は防衛省に。
最近は、もうセンカク諸島だ、竹島だ、田母神だ。
最初の予言(!?)は見事に外れているけど、2つ目の予言は当たりそうな気がしないでもない、ってのがコワイ。
もしかしてあの時代錯誤な活動家は、時代錯誤だったかもしれないが時代遅れでは無くて、時代を先取りしていたのでは?なんて思えてしまう最近の雰囲気が不気味だ。
水木しげるの「戦争論」風に言えば「勇ましい論調」ってのが確実に増えて来た。



分割して統治せよ、という言葉がある。
これはイギリスなどが世界中を植民地にしている時の常套手段で、インドを統治したいな、と思ったら、インドをヒンズー(インド)とイスラム(パキスタン、バングラデシュ)に分ける。中東を統治したいな、と思ったらイランとイラクに分ける。すると勝手にケンカしだす。遠くの敵より目前の敵。
徳川幕府がエタとヒニンという身分を作り、互いに差別させ合って、怒りを上に、つまり体制側に向かわないようにしたと言う話を連想させる。


近くにある国同士で争わせて、戦争させて、どっちが勝っても得するように、どっちにも借金させてあげて、武器買わせて、ってのがパターンで、そうやって世界中を統治して来た。


江戸時代末期だって、徳川幕府にはフランスが、薩摩藩にはイギリスがバックについていたわけで。どっちが勝っても、アングロサクソンの勝利だというわけだ。
そこまで考えていたかどうかは知らないが、時の最後の将軍徳川慶喜は、見事にあっさり大政奉還してしまい、日本中が戦火に巻き込まれないで済んだ。慶喜は大局的に見れていたのではないかなー。
歴史の権威、司馬遼太郎にいわせると、ここで大規模な革命戦争をしていなかったから、日本にはホンモノの民主主義が育たなかったとか言うが、そんなに戦争したいのか?と言いたい。

虎視眈々と国を狙う勢力からすれば、内輪もめしているのが一番都合がいい。そう言う意味で敵が一番嫌がる事をするってのは、大当たりで、慶喜が大政奉還したのは英断じゃないかな。
腰抜け、という評がいつもつきまとっているけど。




話しはとんだな。でもとにかくこの日本の国で戦争なんておきて欲しくない。
そのためには隣国と仲良くするってのは、大事な事なんだけど。
しかし、時代の雰囲気は確実に、昔より怪しくなってきている。恐慌来そうだとかさ。
いや、おきなきゃ、それでいいのよ。

[PR]

# by unkeeen | 2011-08-24 06:09